ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)の業績の推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)ビートホールディングスリミテッド の全体的な業績の推移すいいです。

全体

株価情報(外部サイト)

【9399】Yahoo!ヤフーファイナンスに移動

10年の株価チャートが見られるサイトです。

 

【9399】株探かぶたんに移動

20年、30年の株価チャートが見られるサイトです。

 

開示情報(外部サイト)

EDINETエディネット書類検索】に移動

※ EDINETコード:E05951

有価証券報告書ゆうかしょうけんほうこくしょ有報ゆうほう)のPDFやXBRLが取得できるサイトです。

凡例はんれい(記号の意味やグラフの見かた)

3段になっている日付は、上から『会計年度の記号』、『ねん』、『げつ』です。

会計年度の記号の意味です。

FY: Fiscal Year、フィスコルイヤー、エフワイ、12か月、通期、本決算、会計年度。

Q1, Q2, Q3, Q4, Q5: 1 st - 5 th Quarter、ファーストクオーター ~ フィフスクオーター、第1四半期 ~ 第5四半期、第1クオーター ~ 第5クオーター、キューワン ~ キューファイブ。

通常は Q1 ⇒ Q2 ⇒ Q3 ⇒ FY ⇒ Q1 ⇒ … のように続きます。

第4四半期(Q4)と第5四半期(Q5)は、決算期変更で12か月を超える決算期間が生じたときに見られます(変則決算へんそくけっさん)。

売上の推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) の売上高うりあげだかにあたる科目のチャートです。

売上の推移

累計金額るいけいきんがくなので、普通は本決算ほんけっさん(FY)に向かって金額が大きくなります。

売上高(うりあげだか)は毎年伸びている方が良いです。

普通は、商品やサービスの売り上げが『売上高』になります。

銀行業だと、経常収益けいじょうしゅうえきが売上高にあたります。

貸し出したお金の利息や保有している有価証券の配当などが、経常収益に含まれています。

建設業では、建設工事が進むごとに売上高を計上していく完成工事高かんせいこうじだかが良く登場します。

売上高を認識にんしきする基準は、有価証券報告書の『会計方針に関する事項じこう』に載っています。

『売上高』ランキング

 

四半期 売上の推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) の四半期しはんきごとの売上高うりあげだかにあたるチャートです。

四半期 売上の推移

もし、継続的に特定の四半期にかたよりがあれば、翌年度よくねんども同じタイミングで偏りが見られるだろうと予想できます。

利益の推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) の純利益じゅんりえき包括利益ほうかつりえきのチャートです。

利益の推移

累計金額なので、黒字であれば、本決算(FY)に向かって金額が大きくなります。

純利益(じゅんりえき)は毎年伸びている方が良いです。

売上高から費用と税金を引いて残った金額が『純利益』になります。

純利益の計算過程は、有価証券報告書の『損益計算書そんえきけいさんしょ』に載っています。

純利益の金額は『利益剰余金りえきじょうよきん』に加わります。

こちらの計算過程は、有価証券報告書の『株主資本等変動計算書かぶぬししほんとうへんどうけいさんしょ』に載っています。

『純利益』ランキング

 

四半期 利益の推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) の四半期しはんきごとの純利益じゅんりえき包括利益ほうかつりえきのチャートです。

四半期 利益の推移

もし、継続的に特定の四半期に偏りがあれば、翌年度も同じタイミングで偏りが見られるだろうと予想できます。

資本の推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) の資本金しほんきん剰余金じょうよきんのチャートです。

資本の推移

資本金や各種剰余金は、純資産の中の科目です。

資本金(しほんきん)は多い方が良いです。

資本金の分だけ信用力が増すので、企業や銀行との取引がスムーズになります。

資本金と資本剰余金は、増資ぞうし減資げんしなどを実施した時に大きく変わります。

利益剰余金は、純利益の金額が反映されるので、決算ごとに変化します。

利益剰余金(りえきじょうよきん)は毎年伸びている方が良いです。

利益剰余金は配当金のみなもとですので、多いほど株式の価値が高まります。

もし、赤字続きで利益剰余金(個別こべつ)をマイナスにしてしまうと、そのマイナスを解消するまで配当金が出せなくなります。

『利益剰余金』ランキング

 

キャッシュフローの推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) の営業えいぎょう投資とうし財務ざいむキャッシュフローのチャートです。

キャッシュフローの推移

キャッシュフロー(CF)は、現金をどこから得て、どこに使っているのかを表しています。

普通は、『営業CF』がプラスで、『投資CF』がマイナス、『財務CF』がマイナスになっているのが良いです。

この状態は、本業ほんぎょうの売り上げで現金を得て、事業拡大のために設備を買って、利益を配当金として株主に支払った時に見られます。

どんな科目が営業CF・投資CF・財務CFに入っているのかは、有価証券報告書の『キャッシュ・フロー計算書』に載っています。

営業キャッシュフローは毎年伸びている方が良いです。

特に、『利益』の金額に連動して増えていると良好です(比べるのは営業利益でも純利益でもなんでも良いと思います)。

『利益に現金の裏付けがある』と判断する材料の1つになります。

投資キャッシュフローと財務キャッシュフローは、金額だけでは良し悪しを決めづらいです。

しかしながら、営業CFが『継続的けいぞくてき』にマイナスで、それを投資CFのプラスや財務CFのプラスで補っている状態は、たいてい業績が良くない企業で見かけます。

『営業CF』ランキング

 

『投資CF』ランキング

 

『財務CF』ランキング

 

現金及び現金同等物の推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) の現金及び現金同等物げんきんおよびげんきんどうとうぶつのチャートです。

現金及び現金同等物の推移

現金及び現金同等物は、企業の現金支払い能力を表しています。

現金及び現金同等物(げんきんおよびげんきんどうとうぶつ)は、売上や利益の増加とともに毎年増えている方が良いです。

現金同等物とは、簡単に現金に換えられる資産のことです。

現金及び現金同等物の具体的な内容は、有価証券報告書の注記事項ちゅうきじこうにある『現金及び現金同等物の期末残高きまつざんだかと連結貸借対照表に掲記けいきされている科目の金額との関係』に載っています。

現金及び現金同等物が増えた減ったの計算過程は、有価証券報告書の『キャッシュ・フロー計算書』に載っています。

『現金及び現金同等物』ランキング

 

資産の推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) の資産しさん負債ふさい純資産じゅんしさんのチャートです。

資産の推移

資産は、負債と純資産の合計です。

資産(しさん)は毎年増えている方が良いです。

特に、純資産の増加で資産が増えていると良好です。

『純利益』が『利益剰余金』にされて『純資産じゅんしさん』が増えていってる状態が理想的です。

純利益が利益剰余金に反映される計算過程は、有価証券報告書の『株主資本等変動計算書かぶぬししほんとうへんどうけいさんしょ』に載っています。

『銀行業』や『証券、商品先物取引業しょうひんさきものとりひきぎょう』の場合は、顧客から資産を預かる関係で、ほかの業種よりも負債の割合が多くなります。

『資産』ランキング

 

『純資産』ランキング

 

自己資本比率の推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) の自己資本比率じこしほんひりつのチャートです。

(データなし)

自己資本比率は、純資産の割合が大きいほど大きくなります。

何パーセントくらいが望ましいのかは諸説しょせつあります。

しかしながら、自己資本比率(じこしほんひりつ)はプラスであって減り続けてさえいなければ問題ないように思います。

有価証券報告書では、会計基準によって、科目名に『自己資本比率じこしほんひりつ日本基準にほんきじゅん)』、『株主資本比率かぶぬししほんひりつ米国基準べいこくきじゅん)』、『持分比率もちぶんひりつ国際基準こくさいきじゅん、IFRS、アイファス、イファス)』を使っているようです。

『自己資本比率』ランキング

 

自己資本利益率の推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) の自己資本利益率じこしほんりえきりつのチャートです。

(データなし)

自己資本利益率は、自己資本(エクイティ、Equity)に対する利益の割合のことです。

アールオーイー(ROE)とも呼ばれています。

自己資本利益率(じこしほんりえきりつ)は大きい方が良いです。

『自己資本利益率』ランキング

 

従業員数の推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) の従業員数じゅうぎょういんすう平均臨時雇用者数へいきんりんじこようしゃすうのチャートです。

(データなし)

事業を動かすには従業員の協力が必要ですが、従業員数が多いほど費用が増えます。

『従業員数』ランキング

 

株式数の推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) の発行済株式総数はっこうずみかぶしきそうすうのチャートです。

(データなし)

株式会社は、発行した株式の数だけ価値(資産・配当金・議決権など)を分割しています。

発行済株式総数の多い少ないは、企業の良し悪しとは無関係です。

東京証券取引所のサイトでは『望ましい投資単位の水準』を示しています。

株式の最低購入代金さいていこうにゅうだいきんがその水準の金額に収まるように、株式分割や株式併合の実施を企業にうながしています。

株式分割かぶしきぶんかつ既存きぞんの株主が損をすることはありません。

株式併合かぶしきへいごうも通常は損をしませんが、併合で持ち株が1単元いちたんげんを下回ってしまう場合は損をします。

具体的には、持ち株が1単元を下回ると議決権ぎけつけん行使こうしできなくなります。また、株式売買かぶしきばいばいの手続きが面倒になります。

新規に株式が発行された場合は、既存の株主が損をします(価値の取り分が減ります)。

配当の推移

ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) の1株当たり配当ひとかぶあたりはいとうのチャートです。

(データなし)

配当金はいとうきんは株主の重要な権利です。

株主への利益還元りえきかんげんは配当金が基本です。

『1株当たりの配当金』は株式分割や株式併合に応じて変わりますので、『配当金の総額そうがく』で見るのが良いと思います。

配当金の総額は、有価証券報告書の『配当金支払額はいとうきんしはらいがく』に載っています。

1つの考え方ですが、配当金の総額は毎年増えている方が良いです。

特に、毎年黒字を出して利益剰余金が増えた結果、増配ぞうはいを繰り返している状態なら良好です。

利益剰余金からの配当金は、税金の自動計算が良く整備されていて、あいまいさが少なく、とても効率的です。

特定口座とくていこうざNISA口座ニーサこうざ利便性りべんせいが光ります。

一方で、配当金を出さずに『自己株式の取得&消却しょうきゃく』にてたり、『事業拡大の資金の上乗せ』に充てるのが良いという考え方もあります。

こういった『株式が今まで以上に高値たかね売買ばいばいされるようにする』という施策しさくも、株主への利益還元になります。

配当金や自己株式の取得などに充てられる金額は、大まかに言えば、利益剰余金(個別)の金額の範囲内までです。

実際には、さらに『分配可能額ぶんぱいかのうがく』を計算します。

利益剰余金以外から株主に現金や物品ぶっぴんを渡すことも、部分的に認められてはいます。

具体的には、『資本剰余金を原資げんしとする配当金』や、損益計算書で株主優待関連費用などとして処理されている『株主優待かぶぬしゆうたい』があります。

配当金には『普通株式ふつうかぶしき』への配当金のほかに、『種類株式しゅるいかぶしき』への配当金も存在します。

索引情報

読み:ビートホールディングスリミテッド

英名:Beat Holdings Limited

業種:情報・通信業

証券コード:9399

EDINETコード:E05951

業種